記録

3週間が経ちました。
計画停電、鉄道ダイヤの乱れ、買い占め、人間性を疑うデマメール、そして水道水の放射能汚染…。
今までに経験したことのない事態に、ずっとピリピリと緊張で張り詰めていた東京の空気も、少しずつ日常に戻りつつあるように感じます。

水道水の乳児の摂取制限は解除されたけれど、大人には影響ないというけれど、
体には不自然なものであることには変わりなく、
職場で毎日、子どもたちに食べてもらうごはんをつくりながら、複雑な思いです。
化学調味料だって同じだと言われてしまうのかな…


いろいろなことを考えました。
様々な考えを知りたくて聞きたくて、新聞やブログをむさぼるように見つめる日々です。

電気は貯められないこと。
牛乳パックやペットボトルのふたや、世界を支える自動車部品、関東で食べられるおいしいお魚や野菜の多く(電気も…)が、東北から届けられていること。
多摩地区にある自分の家の水道水が、はるばる金町の浄水場から送られてきていること。
こんなことになって初めて知り、愕然としています。自分は自分がどうやって生活しているか、なんにも知らなかった。
街が節電モードになって初めて、普段は昼間も電車の車内灯がついていたことや、コンビニや自動販売機が無駄に明るすぎたことに気づき…。
原発のことも、自分はあまりに無知で、意見は述べられません。
ただ今はこわいとしか。

生活を、見つめなおすところにきたのだと思います。
それに至るための犠牲は、あまりにも大きくつらく悲しすぎたけれど…


宮城や仙台や福島ナンバーの車をたくさん見ました。心が痛みます。
住み慣れた土地を、こんな形で離れるのどんなにつらいだろう。

自分の毎日をしっかり生きるしかない。
わかっていても心は晴れたり曇ったり。
もうすぐ春がくるということだけが幸いのように感じます。
もしこれが、これから冬を迎えるという時期だったらと思うと…
東北に早くあたたかな春が届いてほしいです。
[PR]
# by tsubomi_hitotsu | 2011-04-01 22:35 | もろもろ

岐阜へ

e0145616_19314245.jpg高山と白川郷を歩いてきました。
白川郷は、学生時代金沢からバスで行ったことがあったんだけれど、高山は初めて。
町歩き。観光地にありがちな、ごみごみした感じがなくて、想像していたよりずっと良かったです。連休で混雑はしていたけれど…。
民芸のお土産屋さんも、なんだか素朴で、のぞくのがたのしかったです。
山に囲まれている(乗鞍や穂高の山並みがきれいに見えました。いつか登りたい!)、それに川の水がすごくきれい!という2点で、ぐんと好きポイントが上がります。
[PR]
# by tsubomi_hitotsu | 2010-09-20 19:34 | 訪ねる

歩け歩けの日

今日はウォーキング。
体力づくりのため!
目黒の大円寺を一番の目的に、それから五百羅漢寺、不動尊、それに余力があれば(このへんがゆるいです…)林試の森公園まで、というコースを定めて、
リュックを背負い帽子をかぶって出発です。

大円寺は小さなお寺なんだけど、表情がひとつひとつ違う石仏群があっておもしろいんです。
林試の森(ちゃんと行けた)は、無料で、自転車でも突っ切れるようになっていて、
こんな公園を毎朝通って通勤できたらいいなぁと思いました。
ふう、歩いた歩いた!
武蔵小山商店街で天丼食べちゃって、消費したカロリーは元通りになってしまったと思うけれど、たのしかった。
坂が多くて、まあまあ起伏に富んだいいコースだったと思います。また計画だ。
[PR]
# by tsubomi_hitotsu | 2010-09-12 19:46 | 訪ねる

更紗

e0145616_1938527.jpg更紗の展示を観てきました。新宿の文化学園へ。
うーん!好きすぎる内容でした。

いま、こんなデザインのかわいいストールやロングワンピ、いっぱい見るけれど、
機械プリントのものは、やっぱり手仕事のものに敵わない。
インド、インドネシア、ヨーロッパ、アフリカ。媒染、防染、少ない色から鮮やかで繊細なデザインを生んでいく技。人間てすごいよ。
[PR]
# by tsubomi_hitotsu | 2010-09-12 19:38 | 観る

誠実

e0145616_22531532.jpg『「暮しの手帖」とわたし』という本を読みました。
大橋鎭子さん。雑誌「暮しの手帖」を、花森安治さんとともに育んできた方。
この記録を読んで思ったこと。
誠実であることの大切さ。
ひとのためにしたことは、必ず自分に返ってくるということ。
縁がすべて。

私も、ひとや物事にこういうふうに向き合いたいと思いました。
[PR]
# by tsubomi_hitotsu | 2010-09-09 22:53 | 読む